最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    ノアコイン10月以降

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ ノアコイン10月以降
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ノアコインは、10月にスワップが開始されました。

    ほぼ完了しているようですが、
    いまだ個人ウォレットのままというホルダーさんもいて、
    12月現在、救済措置も行われています。

    公式発表をまとめると、

    ノアファウンデーションとプラチナム社が提携し、

    ノアファウンデーションは、実際の不動産事業をつづけ、
    プラチナム社は、ノアコインの管理運営を行う。

    ということです。

    ノアファウンデーションの事業のニュースはあまり出ませんね。

    ラインやテレグラムでは、プラチナム社関連がほとんどです。

    ラインやテレグラムは、プラチナム社が管理運営しているので、
    当然といえば、当然かもしれませんね。

    発行枚数が、2160億枚に戻されました。

    通常発行枚数が、増えると価値が下がり、価格も下がります。

    実際には、0.3円程度ですが、スワップ前の約3倍の価格に上がっています。

    理由としては、

    まず、スワップ後のコインは、ノアコインではなく、ノアプラチナムに改称されました。

    スワップされた、ノアプラチナムは、新しいウォレットに入ります。

    新ウォレットでは、すべて売り買いはできません。

    毎月、ホルダーによる投票が行われて、解除率が決定されます。

    10月11月は、0.05%です。

    新ウォレットでは、投票により決定された解除率の分だけが、
    出金可能となり、残りは、凍結された状態となります。

    これにより、市場に出るコイン数が少なく、値下がりが抑えられ、
    価格の上昇につながっています。

    単純計算だと、全解除まで160年となり、
    文句を言うホルダーさんもいらっしゃいますが、

    仮に需要が上がって、10円だ100円だとなれば、解除率も多くなると思います。

    この需要ですが、

    詳細の発表はまだですが、プラチナム社は、
    銀聯カードと提携しコインの需要を高めるようです。

    また、バーチャルノアシティを作り市民権の販売も開始しています。

    まだまだ、どうなるかわからないところですが、
    ひきつづき注目していきます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ ビットクラブKYC
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2019年末までに、KYCの登録が必要で、
    終わらさないと、アカウントが凍結ということですが、

    できましたので、

    ブログに紹介いたしました。

    ご参考になれば、幸いです。

    コメントをする





    CAPTCHA


    ランキング




    にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
    にほんブログ村


    応援クリック
    よろしくお願いします。


    RSS

    お勧め商材




    カレンダー

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    ページトップ