最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    カテゴリー‘仮想通貨’

    ビットコイン 半減期

    ついに今月 2020年5月 ビットコインの半減期がきます。

    半減期 とはなんでしょうか。

    単純に言いますと、今までのマイニング報酬が半分になるということです。

    いままでは、12.5BTCでしたが、

    6.25BTCになります。


    21 万ブロックごと 、だいたい、4年ごとにおこり、

    最後は、2140年ごろになるといわれます。

    ただ、そんな未来まで、ビットコインがいまのままとも
    考えにくいですね。


    2020 年 4 月まで、正確には、半減期前までは、

    1日あたり、約 1800 BTC が、新たにネットワークに生成されています。

    半減期以降は約 900 BTC になります。


    2020 年の半減期を迎える時点でおよそ 1,837 万 BTC 、
    つまり全体のおよそ 87.5 % がマイニング済みの状態です。

    今後 120 年間でマイニングされるのは残りの 12.5 % になります。


    流通量と、発行量のバランスが、一気に半分になりますから、
    コインの価値があがり、価格の上昇とも考えられます。

    じっさいには、5月時点で、90万円台まできています。

    コロナの影響もあり、株、石油、金も乱高下しています。

    仮想通貨は、比較的安定しているようでもあります。

    ただし、現在の状況では、予想がつきにくいですね。

    なので、あまり大きい金額をつぎこむのは、
    おすすめできません。

    一時静観するのもありかと思います。

    ちなみに、半減期は、 ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコインなどにもあります 。


    あとは、マイニング業者の再編があるのではと、思います。
    単純に報酬が半分ですから、赤字になるところは、撤退または、
    別のコインに移るのではないでしょうか。

    再編後、強くなるコインに注目したいところです。

    暗号資産「レバレッジ2倍」方針に

    金融庁が、少額の元手で多額の売買ができる

    暗号資産(仮想通貨)の証拠金取引の

    倍率(レバレッジ)上限を2倍までという方針。

    これにより暗号資産業界に波紋が。

    金融庁認定の自主規制団体「JVCEA(一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)」が設定しているのは、4倍。

    2倍にレバレッジ上限が下がると、
    国内ユーザーが高レバレッジで高収益が可能な
    海外暗号資産取引所に流れてしまい、
    国内取引所の収益減が危惧されている。

    署名活動もスタートし、

    証拠金取引の月次取引高は、
    2019年11月で現物取引の約10倍に上る3兆円。

    国内取引所の収益源の柱となっているので、
    レバレッジ上限の引き下げは取引所運営に大きながある。

    金融庁のレバレッジ規制に対する、
    パブリックコメント(意見公募)の募集は
    2020年2月13日に締め切っている。

    5月を予定する改正資金決済法と
    改正金融商品取引法の施行で、
    レバレッジ2倍が適用されるのは確実とみられる。

    パブコメの締め切りが翌日に迫る2月12日午後。

    国内暗号資産メディアである
    コインテレグラフジャパン、
    コイン東京、
    CoinChoice、
    コインポストの4社は、

    金融庁にレバレッジ上限の見直しを求め、
    パブコメへの記入を呼びかける共同声明を出している。

    また、4社は署名サイト「change.org」上を通じ、
    共同声明への賛同を募る署名活動も展開。

    2月19日時点で、
    「過度な規制で日本の暗号資産・ブロックチェーンが世界から遅れる」
    「暗号資産への規制は大口の投資家の日本離れに拍車をかける」といったコメントとともに、

    1000を超える署名が集まった。

    今回のレバレッジ上限を「2倍」とする根拠は、
    米国先物取引所CMEや欧州連合が上限を2倍に規制しているからとされる。

    一般的には、高レバレッジ=取引リスクが高いという認識。

    一方で、海外取引所のBitMEXでは、
    レバレッジを100倍に設定しているが、
    証拠金以上の損失をゼロにし「追加証拠金=借金」を帳消しにするゼロカットシステムを導入している。

    それにより、リスクを低減をはかっている。

    このようなシステムを法制化すべきか、
    さらに議論が必要だが、
    金融庁が暗号資産市場発展の成否を握っているので、
    業界の声と実情を踏まえた制度の再設計は必要でしょう。

    また、求める声は、今後も続きそうですね。

    ノアコイン10月以降

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ ノアコイン10月以降
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ノアコインは、10月にスワップが開始されました。

    ほぼ完了しているようですが、
    いまだ個人ウォレットのままというホルダーさんもいて、
    12月現在、救済措置も行われています。

    公式発表をまとめると、

    ノアファウンデーションとプラチナム社が提携し、

    ノアファウンデーションは、実際の不動産事業をつづけ、
    プラチナム社は、ノアコインの管理運営を行う。

    ということです。

    ノアファウンデーションの事業のニュースはあまり出ませんね。

    ラインやテレグラムでは、プラチナム社関連がほとんどです。

    ラインやテレグラムは、プラチナム社が管理運営しているので、
    当然といえば、当然かもしれませんね。

    発行枚数が、2160億枚に戻されました。

    通常発行枚数が、増えると価値が下がり、価格も下がります。

    実際には、0.3円程度ですが、スワップ前の約3倍の価格に上がっています。

    理由としては、

    まず、スワップ後のコインは、ノアコインではなく、ノアプラチナムに改称されました。

    スワップされた、ノアプラチナムは、新しいウォレットに入ります。

    新ウォレットでは、すべて売り買いはできません。

    毎月、ホルダーによる投票が行われて、解除率が決定されます。

    10月11月は、0.05%です。

    新ウォレットでは、投票により決定された解除率の分だけが、
    出金可能となり、残りは、凍結された状態となります。

    これにより、市場に出るコイン数が少なく、値下がりが抑えられ、
    価格の上昇につながっています。

    単純計算だと、全解除まで160年となり、
    文句を言うホルダーさんもいらっしゃいますが、

    仮に需要が上がって、10円だ100円だとなれば、解除率も多くなると思います。

    この需要ですが、

    詳細の発表はまだですが、プラチナム社は、
    銀聯カードと提携しコインの需要を高めるようです。

    また、バーチャルノアシティを作り市民権の販売も開始しています。

    まだまだ、どうなるかわからないところですが、
    ひきつづき注目していきます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ ビットクラブKYC
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2019年末までに、KYCの登録が必要で、
    終わらさないと、アカウントが凍結ということですが、

    できましたので、

    ブログに紹介いたしました。

    ご参考になれば、幸いです。

    ビットクラブのKYC KYCの登録



    登録前に、下記内容を参照し、

    テキストか、エクセルなどで、入力値を事前に作って
    入力は、コピーペーストできるようにしておくとよいです。



    KYC登録の本番です。

    まず、新パスワードでログインしなおします。

    ログインできたら、hereをクリックします。



    KYC登録の画面が出ますので、

    順次入力します。

    まずは、画面上部

    ユーザーネームは、表示されています。

    山田 太郎さんだとしたら、

    ファーストネーム Taro
    ラストネーム   Yamda と入力します。

    この下にメールアドレスの欄がありますので、

    メールアドレスを入力します。



    次に、画面下部です

    カントリーは、Japanを選択

    アドレスは、
    栗山県 梨田市 桃葉1-2-3だとすると

    Momoha 1-2-3

    シティは、Nashida City
     
    ステイトは、Kuriyama Prefecture

    東京の場合は、 Tokyoto でよいです。

    zipコードは、郵便番号です。ハイフンなしの数字7ケタ

    GENDERは性別を選択。(男性ならMale、女性ならFemale)

    NATIONALITYは国籍で、Japanを選択

    DATE OF BIRTHは生年月日 mm/dd/yyyy形式でできました。

    ID NUMBERは、免許証の番号または、パスポート番号を入力
    送信する 画像にあ合わせて入力します。

    ID EXPIRATION DATEは有効期限   mm/dd/yyyy形式でできました。

    PHOTOCOPY OF IDは、用意した、免許証またはパスポート画像をアップロード

    PHOTOCOPY DF UTILITY BILL 公共料金の支払い伝票の画像 をアップロード

    入力し終わったら、 Submit KYCをクリックします。



    送信が完了すると、こんな画面が出ます。




    自分の場合は、504エラーに何回かなりました。下の画面が出ます。

    ビットクラブのサーバーが応答してくれない場合のようです。

    また、最初のログインからやり直しです。


    ただ、クロームを使うと自動フォーム入力ができるのと

    エクセルやテキストで入力値を用意しておくことで、

    リトライしやすくなります。


    2-3回やってだめなら、時間をあけてもう一度やるか、
    次の日とかにやるとできたりします。

    期限は、今年いっぱいです。

    年末にむけて、どんどん混む可能性もあるので、
    早めに対応を済ませましょうね。

    ビットクラブのKYC パスワードの変更



    ブラウザは、クロームを使うとあとで、楽になることがあるので、

    クロームがお勧めです。



    まずは、ビットクラブの画面を出してログインをクリック
    https://bitclubnetwork.com/



    次に、ユーザー名と元のパスワードを入力しログイン



    クーグルオーセンティケーターで2段階認証の入力



    チェックを2か所入れて、同意をクリック



    同意ありがとうの表示が出ます。



    here の部分をクリック



    パスワード変更の画面が出ます。画面下の方ですね。

    元の旧パスワードと新パスワードを入力し、


    Email New PIN Code の部分をクリック



    メールを受信し、メール内の PIN Code を入力します。

    Pin Sentをクリックします。



    新パスワードで再ログインしてしてくださいという出力があります。



    これで、パスワード変更が完了です。

    パスワードが変更できると、KYC登録ができるようになります。

    ビットクラブKYC

    ビットクラブのKYC登録について



    簡単に KYC を解説しますと、

    ・本人確認義務(KYC). Know Your Customer.

     犯罪収益移転防止法(犯収法)で定められる、


    金融機関・送金事業者等に求められる義務のこと。


    取引所においても、免許証などの提示や住所確認が求められている。

    これが、ビットクラブでも必要になったわけです。

    期限は、今年いっぱい。


    終わってないと、アカウントが凍結だそうです。



    自分としては、なんとか終わりました。



    ここで簡単にやり方を解説したいと思います。

    事前準備として、


    ・有効期限内の 


     免許証の顔写真がある画像データ または 


     パスポートの 顔写真がある画像データ


    ・公共料金の支払い明細の画像データ



    どちらもjpg形式で、100kバイト以内で作っておくとスムースです。


    また、 公共料金の支払い明細 の氏名は、通常カタカナ表記です。



    カタカナ の上下に、ボールペンで、ローマ字表記と漢字表記を


    追加しておきました。よりはやくKYC審査が進むためです。



    自分の場合は、免許証で通りました。


    また、メールが受信できるようにしておきましょう。


    ざっくりとした、手順ですが、パスワードをリセットするらしく、


    1.パスワードの変更 (新パスワードを用意しておきます)



    2.KYCの登録

    になります。



    パスワードの変更 ・ KYCの登録 の手順は、別の記事に書きますね。


    ノアコインで再度発表

    ノアコインで6/12に再度発表がありました。

    フィリピン独立記念日に合わせるあたりは、昨年と同じ感じですね。

    カガヤン経済特区でライセンスを取りました。

    しかし、しばらくカガヤン経済特区のサイトには出ていませんでした。

    そこで、うその発表だとか言われましたが、
    6月半ばぐらいに確認したところ、
    出ていましたね。

    http://www.rich-enjoy.info/web/rbceza.html

    ライセンス名は、Offshore Virtual Currency Exchange (OVCE) regular License

    どんな内容なのか

    ブロックチェーンをベースとした会社や
    仮想通貨取引を行う会社などのオフショア会社が、

    運用は海外で行いながら経済特区に投資をし、
    そこに事務管理部門を置くという内容です。

    そこで、できたのが、
    BTCNEXT という取引所です。

    ノアアークテクノロジーで作り、
    運営中です。

    重要だと思われるのは、2点

    取引所独自トークン BNX で、
    これを持っていると、手数料が、50%割引。

    ノアコインは、8月までに、
    BTCNEXTに入れておくこと。

    旧ノアコインは、消滅し、
    独自ブロックチェーンの、
    新ノアコインにスワップします。

    スワップできるのは、
    BTCNEXT取引所のみということでした。

    お持ちの方は、お早めにどうぞ。

    ノアコインで発表



    ノアコインで発表がありました。



    BSP承認を受けた取引所への上場を通して、フィリピンでのノアサービス拡大



    SCIとのテクノロジーおよびサービスの提携を通じて、



    Bangko Sentral ng Pilipinas(フィリピン中央銀行)認定の



    仮想通貨取引所 Rebittance Inc.にて



    フィリピンペソと暗号通貨ノアコイン間の売買を可能にする

    取引仲介業務を開始することが決定。



    仮想通貨取引所 Rebittance Inc.への

    ノアコインの上場日に関しては改めてご案内 だそうです。


    そのほかにも発表がありましたが、

    また次回にでも。


    BSP とは フィリピン中央銀行



    SCI とは Satoshi Citadel Industries、

          フィリピンのブロックチェーンエコシステムを構築する

          フィンテック会社です。


    フィンテック とは ファイナンスとテクノロジーを合わせた造語


    一時期、5倍ぐらいにはねあがり、

    現在も3倍程度で推移中です。


    今後が楽しみですね。


    ビットコイン下落


    ビットコインは、50万弱に下落しました。



    年末には上がると毎年いわれますが、

    今年はどうでしょう。


    ロシアの取引所のYobitに口座のお持ちの方は

    フリーコインのメールが来ていると思います。


    ログインして、URLを空けると

    たくさんのフリーコインがあります。


    ゲットをクリックしていくと、

    カウントダウンが始まるものや

    即支払いされるものとあります。


    無料でいただけるとのことなので、

    ゲットしてください。


    仮想通貨の状況

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■ 仮想通貨の状況

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ETFが話題ですね。



    Exchange Traded Fundsの略で、

    「上場投資信託」と呼ばれます。



    連動する指数は株式だけでなく、

    債券、REIT(リート)、通貨、

    コモディティ(商品)の指数もあります


    ビットコインのETFを米国証券取引委員会が受け入れるかどうか

    注目が集まっています。


    ビットコインETF申請の可否決定を9月まで延期しました。


    ただ、大方の予想では、

    おそらく、承認されるのでは と言われています。


    ほんとに、承認されると、価格は上昇するでしょうね。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■ ツールについて

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    無料ツール



    ASINから商品名・トップページの価格を取得する


    先日のことですが、

    アマゾンの商品ページから、



    新品の出品 のリンクがなくなっていました。


    これにより、

    価格順ページのデータが取れない状況です。


    アマゾンの仕様変更なのか、

    一時的なメンテナンスなのか、

    不明だったのですが、


    その日のうちに復活しました。

    一時的なメンテナンスだったようです。


    ランキング




    にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
    にほんブログ村


    応援クリック
    よろしくお願いします。


    RSS

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    お勧め商材




    カレンダー

    2020年5月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    ページトップ