アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイト

  • アフィリエイト
  • アフィリエイト
  • アフィリエイト

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    新着記事< span>

    • 2020年2月25日暗号資産「レバレッジ2倍」方針に...続きは»»
    • 2020年1月24日ビットクラブは、消滅か...続きは»»
    • 2019年11月22日ビットクラブのKYC KYCの登録...続きは»»
    • 2019年11月22日ビットクラブのKYC パスワードの変更...続きは»»
    • 2019年9月18日10月はどうなるでしょう...続きは»»

    暗号資産「レバレッジ2倍」方針に

    金融庁が、少額の元手で多額の売買ができる

    暗号資産(仮想通貨)の証拠金取引の

    倍率(レバレッジ)上限を2倍までという方針。

    これにより暗号資産業界に波紋が。

    金融庁認定の自主規制団体「JVCEA(一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)」が設定しているのは、4倍。

    2倍にレバレッジ上限が下がると、
    国内ユーザーが高レバレッジで高収益が可能な
    海外暗号資産取引所に流れてしまい、
    国内取引所の収益減が危惧されている。

    署名活動もスタートし、

    証拠金取引の月次取引高は、
    2019年11月で現物取引の約10倍に上る3兆円。

    国内取引所の収益源の柱となっているので、
    レバレッジ上限の引き下げは取引所運営に大きながある。

    金融庁のレバレッジ規制に対する、
    パブリックコメント(意見公募)の募集は
    2020年2月13日に締め切っている。

    5月を予定する改正資金決済法と
    改正金融商品取引法の施行で、
    レバレッジ2倍が適用されるのは確実とみられる。

    パブコメの締め切りが翌日に迫る2月12日午後。

    国内暗号資産メディアである
    コインテレグラフジャパン、
    コイン東京、
    CoinChoice、
    コインポストの4社は、

    金融庁にレバレッジ上限の見直しを求め、
    パブコメへの記入を呼びかける共同声明を出している。

    また、4社は署名サイト「change.org」上を通じ、
    共同声明への賛同を募る署名活動も展開。

    2月19日時点で、
    「過度な規制で日本の暗号資産・ブロックチェーンが世界から遅れる」
    「暗号資産への規制は大口の投資家の日本離れに拍車をかける」といったコメントとともに、

    1000を超える署名が集まった。

    今回のレバレッジ上限を「2倍」とする根拠は、
    米国先物取引所CMEや欧州連合が上限を2倍に規制しているからとされる。

    一般的には、高レバレッジ=取引リスクが高いという認識。

    一方で、海外取引所のBitMEXでは、
    レバレッジを100倍に設定しているが、
    証拠金以上の損失をゼロにし「追加証拠金=借金」を帳消しにするゼロカットシステムを導入している。

    それにより、リスクを低減をはかっている。

    このようなシステムを法制化すべきか、
    さらに議論が必要だが、
    金融庁が暗号資産市場発展の成否を握っているので、
    業界の声と実情を踏まえた制度の再設計は必要でしょう。

    また、求める声は、今後も続きそうですね。

    タグ: ,

    カテゴリー: 仮想通貨

    ビットクラブは、消滅か

    ニュージャージー州の米国当局は、

    仮想通貨の出資金詐欺(ポンジスキーム)で投資家から7億2200万ドル(約785億円)を搾取したとして、

    男3人を逮捕したと発表。

    逮捕されたのはビットクラブ・ネットワーク(BitClub Network)の運営者3人。

    BitClub Networkの仮想通貨マイニングプールへのマイニング機器への投資によって
    ユーザーは大きな収益につながると謳った。

    さらにユーザーが別のユーザーを紹介することで紹介者にボーナスが入る仕組みになっていた。

    容疑者は集めた資金をマイニングプールではなく自分たちの生活に使ったという。

    まあ、ひどい話です。

    KYCを急遽行ったのは、調査の対応だったのかもしれません。

    自分の場合は、とりあえず元本以上をひきだせたので、
    まあ、よかったのですが、

    わりと後半に入ったひとは、ダメだったようです。

    昨年夏以降は、配当も激減してきていたので、
    そのころから、なにかやっていたのかもというかんじです。

    実際にマイニングはしていたのですから、
    しっかりがんばってもらたかったですね。

    ログイン画面は、でませんし、サイトの入口もでなくなったので、このまま消滅かもしれません。

    だれかがひきついで、後始末をしてくれれば、
    多少の戻りがあるかもしれませんが、
    期待は薄いです。

    でも、望みをすてるとストレスになるので、
    いつか復活すると信じておきます。

    カテゴリー: 未分類

    ノアコイン10月以降

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ ノアコイン10月以降
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ノアコインは、10月にスワップが開始されました。

    ほぼ完了しているようですが、
    いまだ個人ウォレットのままというホルダーさんもいて、
    12月現在、救済措置も行われています。

    公式発表をまとめると、

    ノアファウンデーションとプラチナム社が提携し、

    ノアファウンデーションは、実際の不動産事業をつづけ、
    プラチナム社は、ノアコインの管理運営を行う。

    ということです。

    ノアファウンデーションの事業のニュースはあまり出ませんね。

    ラインやテレグラムでは、プラチナム社関連がほとんどです。

    ラインやテレグラムは、プラチナム社が管理運営しているので、
    当然といえば、当然かもしれませんね。

    発行枚数が、2160億枚に戻されました。

    通常発行枚数が、増えると価値が下がり、価格も下がります。

    実際には、0.3円程度ですが、スワップ前の約3倍の価格に上がっています。

    理由としては、

    まず、スワップ後のコインは、ノアコインではなく、ノアプラチナムに改称されました。

    スワップされた、ノアプラチナムは、新しいウォレットに入ります。

    新ウォレットでは、すべて売り買いはできません。

    毎月、ホルダーによる投票が行われて、解除率が決定されます。

    10月11月は、0.05%です。

    新ウォレットでは、投票により決定された解除率の分だけが、
    出金可能となり、残りは、凍結された状態となります。

    これにより、市場に出るコイン数が少なく、値下がりが抑えられ、
    価格の上昇につながっています。

    単純計算だと、全解除まで160年となり、
    文句を言うホルダーさんもいらっしゃいますが、

    仮に需要が上がって、10円だ100円だとなれば、解除率も多くなると思います。

    この需要ですが、

    詳細の発表はまだですが、プラチナム社は、
    銀聯カードと提携しコインの需要を高めるようです。

    また、バーチャルノアシティを作り市民権の販売も開始しています。

    まだまだ、どうなるかわからないところですが、
    ひきつづき注目していきます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ ビットクラブKYC
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2019年末までに、KYCの登録が必要で、
    終わらさないと、アカウントが凍結ということですが、

    できましたので、

    ブログに紹介いたしました。

    ご参考になれば、幸いです。

    カテゴリー: 仮想通貨

    ビットクラブのKYC KYCの登録



    登録前に、下記内容を参照し、

    テキストか、エクセルなどで、入力値を事前に作って
    入力は、コピーペーストできるようにしておくとよいです。



    KYC登録の本番です。

    まず、新パスワードでログインしなおします。

    ログインできたら、hereをクリックします。



    KYC登録の画面が出ますので、

    順次入力します。

    まずは、画面上部

    ユーザーネームは、表示されています。

    山田 太郎さんだとしたら、

    ファーストネーム Taro
    ラストネーム   Yamda と入力します。

    この下にメールアドレスの欄がありますので、

    メールアドレスを入力します。



    次に、画面下部です

    カントリーは、Japanを選択

    アドレスは、
    栗山県 梨田市 桃葉1-2-3だとすると

    Momoha 1-2-3

    シティは、Nashida City
     
    ステイトは、Kuriyama Prefecture

    東京の場合は、 Tokyoto でよいです。

    zipコードは、郵便番号です。ハイフンなしの数字7ケタ

    GENDERは性別を選択。(男性ならMale、女性ならFemale)

    NATIONALITYは国籍で、Japanを選択

    DATE OF BIRTHは生年月日 mm/dd/yyyy形式でできました。

    ID NUMBERは、免許証の番号または、パスポート番号を入力
    送信する 画像にあ合わせて入力します。

    ID EXPIRATION DATEは有効期限   mm/dd/yyyy形式でできました。

    PHOTOCOPY OF IDは、用意した、免許証またはパスポート画像をアップロード

    PHOTOCOPY DF UTILITY BILL 公共料金の支払い伝票の画像 をアップロード

    入力し終わったら、 Submit KYCをクリックします。



    送信が完了すると、こんな画面が出ます。




    自分の場合は、504エラーに何回かなりました。下の画面が出ます。

    ビットクラブのサーバーが応答してくれない場合のようです。

    また、最初のログインからやり直しです。


    ただ、クロームを使うと自動フォーム入力ができるのと

    エクセルやテキストで入力値を用意しておくことで、

    リトライしやすくなります。


    2-3回やってだめなら、時間をあけてもう一度やるか、
    次の日とかにやるとできたりします。

    期限は、今年いっぱいです。

    年末にむけて、どんどん混む可能性もあるので、
    早めに対応を済ませましょうね。

    タグ:

    カテゴリー: 仮想通貨

    ビットクラブのKYC パスワードの変更



    ブラウザは、クロームを使うとあとで、楽になることがあるので、

    クロームがお勧めです。



    まずは、ビットクラブの画面を出してログインをクリック
    https://bitclubnetwork.com/



    次に、ユーザー名と元のパスワードを入力しログイン



    クーグルオーセンティケーターで2段階認証の入力



    チェックを2か所入れて、同意をクリック



    同意ありがとうの表示が出ます。



    here の部分をクリック



    パスワード変更の画面が出ます。画面下の方ですね。

    元の旧パスワードと新パスワードを入力し、


    Email New PIN Code の部分をクリック



    メールを受信し、メール内の PIN Code を入力します。

    Pin Sentをクリックします。



    新パスワードで再ログインしてしてくださいという出力があります。



    これで、パスワード変更が完了です。

    パスワードが変更できると、KYC登録ができるようになります。

    タグ: ,

    カテゴリー: 仮想通貨,未分類

    ランキング




    にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
    にほんブログ村


    応援クリック
    よろしくお願いします。


    RSS

    お勧め商材




    カレンダー

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
    ページトップ