最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    カテゴリー‘暗号通貨’

    コインチェックの流出事件

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■ 投資の話

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    コインチェックの流出事件について



    仮想通貨取引所のコインチェックから、



    580億円相当が、不正に引き出される事件がありました。


    2018/1/26 コインチェックから発表がありました。


    2014/3/7に起きた、マウントゴックス事件を思い出しますね。

    当時のレートで、115億円。


    盗まれた通貨は、「NEM(ネム)」というもので、

    中国で上場されたものです。



    当然ながら、取引の主体は、中国と日本です。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■ セキュリティはどうだったのか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    セキュリティはどうだったのか?



    コインチェックの通貨の保管は、



    コールドウォレットとホットウォレットで保管しています。



    どこの取引所でもほぼ同様ですが、通常は、コールドです。


    簡単に言いますと、



    コールドウォレットとは、インターネットと隔離された財布。



    ホットウォレットは、インターネットにつながっている財布。


    実際は、秘密鍵というものがあり、



    それがコールドかホットかどちらかに

    保存されているわけです。


    「NEM(ネム)」は、技術的にコールドウォレットにするのが難しく、

    ホットにしていた経緯があります。


    それを、盗まれてしまい、

    「NEM(ネム)」を引きだれてしまったわけです。


    犯人は、中国からのアクセスのようです。


    もともと、中国で作られた仮想通貨ですから、

    そのような不正を想定していたものかも知れません。


    コインチェックの甘さもあったと思われます。


    レートは、下がりますが、

    日本円で補償するということで、

    まずはよかったです。


    自分は、「NEM(ネム)」を持っていないので、

    問題なかったのですが、


    コインチェックには口座があります。

    早く取引ができるようになってほしいですね。


    暗号通貨の下落

    中国を筆頭に各国の規制強化の影響で全面安。

    中国は、他国にだらだらお金が流れることを
    必死で止めに入ってます。

    中国・韓国・ドイツ・インドネシア・アメリカなどで
    規制強化のニュースがあります。

    トリガーは、中国人民銀行の副総裁が、
    中国政府に対して、ビットコインをはじめとする、
    暗号通貨含の
    個人間取引、ウォレットの禁止を
    促したことから。

    インドネシア銀行も、仮想通貨の売買をしないよう呼びかけ。

    ドイツも連邦銀行が15日に仮想通貨は
    世界規模で規制をすべきと発言。

    規制なんかできないと思いますが...

    韓国では法務長官が、
    仮想通貨取引を禁止する法律の準備をしていると発言。
    対して、20万人もの署名を集める反対市民運動。

    アメリカのメトロポリタン銀行では、仮想通貨送金を停止。という報道。

    日本は不況を脱しつつあり、日経平均も右肩上がり。
    また、仮想通貨による税収アップ。

    日本の場合、円の流出というより、
    規制しないことで、経済成長のチャンスですね。

    麻生大臣も仮想通貨に肯定的ですし。

    一番だめなのは、さがったからあせって売る。
    あがったからあわてて買う。

    落ち着いて、成り行きを見ていましょう。

    暗号通貨(仮想通貨)の展望

    暗号通貨(仮想通貨)の展望について



    某案件は、今盛り上がりをみせていて、

    すごい勢いで、お金が集まっています。



    近く、ICOをするそうで、そちらのプレセールも

    行われています。



    この数日のみですが、新年ボーナスということもあり、

    130万円ぐらいプレセールに投資しました。



    実際のお金は、使ってなく、投資Aでもらった配当を当てました。



    トータルで、14万コインになる予定です。

    ICO後に、

    1コインが、100円を付けた場合、

    1400万円

    1コインが、1000円になった場合は、

    1億4000万円

    という、とんでもない数字になります。






    ICOは、今年を予定してます。



    その他、今年の6月にICOを予定している、

    別のアルトコインですが、

    昨年に300万円ほどプレセール購入しています。



    もっともお得な時期に買いましたので、

    300万円で、400万コイン近く手に入れられました。



    6月にICOをした段階で、+20%弱のボーナスが

    もらえますので、予定では、最低でも

    450万コインです。



    こちらは、フィリピンの財閥次第の面もありますが、

    やる気まんまんのようなので、

    仮に、ICO後10円程度だとしても、

    4500万になります。



    こちらは、フィリピン人で外国に出稼ぎしている人が

    主に使用すると思われます。



    人口構成比が理想的なので、需要はどんどん増加すると

    考えられます。



    このようなバブル的なものは、おそらく2018年までで、

    昨年中に情報を得て、投資した人が大金をつかみます。



    今年前半までであれば、まだ儲かると思います。



    TVで仮想通貨(正しくは、暗号通貨)CMが

    流れてますので、今年の中ごろには、

    大半の人が認識し、少しずつお金が流入してきます。



    また、ヘッジファンドの参入もありますので、

    大きく乱高下すると思われます。



    ただし、ボラリティは、高くなっていきますので、

    恐慌のように下がることは、ないと思います。



    今は、ビットコインをたくさんためておいて

    将来に備える感じです。



    投資Aは、まさにその典型で、

    再投資比率 80%でも、年利換算 13.6779%ですから、

    現在のシェアがこのまま増加して、2以上になれば、

    よほどのことがない限り、ずーっと配当が受けられます。



    ICOのプレセールで利益が出た場合、

    かたい案件に、たとえば、2000万程度まわせば、

    おそらく、1日1万円程度の配当になりますので、

    生活費の心配は、なくなると思います。



    その他のコインとしては、リップルが注目されています。

    リップルは、ビットコインと違い、グローバル銀行間の

    決済用に作られたものです。



    すでに日本では、三菱東京 UFJ 銀行が導入を決めており、

    今後も増加すると思われます。



    もちろん、ブロックチェーン技術が使われているので、

    一般人も購入できます。



    銀行の導入のニュースのたびに、値段があがり、

    現在は、400円前後をつけています。



    今後も値上がりは続き、最低でも数万円には

    なると思われます。



    自分も、コインチェックに口座ができ次第

    近く購入する予定です。



    この情報を信じるひと

    嘘だと思う人、

    半信半疑なので、ほっておく人、

    半信半疑だけど、聞いてみたい人、

    いろいろいらっしゃると思いますが、



    お問い合わせページから、

    とりあえず話を聞いてみる。

    これがチャンスの第一歩です。

    問い合わせをしてみる


    ランキング




    にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

    にほんブログ村 副業・副収入

    応援クリック
    よろしくお願いします。


    RSS

    お勧め商材




    カレンダー

    2018年12月
    « 10月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    ページトップ